2013年03月04日

咳 が 気になる方に お知らせです。原因をつきとめ早めに対処しましょう。

TS3Y05430001.jpgこんにちは… 冬のような 春のような 不安定な 気候ですね‥

さて 今日は 季節の変わり目に 多い 咳 に ついてお知らせしますね

最近 毎日のように 咳が 心配な 方が いらっしゃいます

咳は、気道に異物、ほこり、煙など、なんらかの刺激が加わった時に起こる一種の反射運動で、異物や刺激物を取り除くための防御の役割をしています。

咳には、コンコン と いう痰のでない乾いた咳と ゴホンゴホンと いう痰を伴う湿った咳の2つのタイプに分かれます。

乾いた咳は、風邪の初期や 急性気管支炎などが 疑われます。

咳が二週間以上続く場合は、百日咳やアレルギー性喘息、、咳喘息、マイコプラズマ、肺結核なども 疑われます。



湿った咳は、風邪や気管支炎の進んだ状態や、肺炎、肺結核、気管支拡張症 などなど

痰が 出る場合、痰の量や色、粘りなども、病態を見分ける大事なポイントになります。

症状を抑えることよりも、原因に対する治療が 大切ですね‥
咳を、放置しておくと、慢性気管支炎や肺炎、喘息などになる可能性があります。


風邪をひいていないのに咳が出たり、 風邪が治ったのに 咳が 続く場合は、 なんらか病気の前兆の可能性も ありますので
たかが咳 と 思わず、早めに 治療する事が 大切ですね‥

それから、 咳が 続く方で タバコを吸っている方は、まずは 禁煙を しましょう

いくら治療しても タバコを 吸っていたら 治りませんよ


日常的な予防法は、室内の加湿やこまめな換気も大切ですね‥ 水分補給をして 刺激物は さけましょうね‥



気温差も ありますので 体調管理に 気をつけましょうね
posted by staff at 18:22| 呼吸器科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする