2013年08月06日

夏かぜに、気をつけて

こんにちは。今日は、68回目の広島原爆の日 ですね。人類の生存権を脅かす核兵器の廃絶を、訴えていきたいものです。68年たった今でも、あの日の被曝により、白血病を発症されついる方が、いらっしゃるようで、心が、痛む限りです。

さて、今週に入り夏かぜの方が、急に増えております。発熱、喉の痛み、頭痛、倦怠感、胃腸症状などなど、

そしてお子様は、手足口病が、昨年の6倍に拡大しております。口内や手足に発疹が、出たら要注意です。通常は、1週間程度で、治癒にむかいますが、稀に髄膜炎、脳炎の危険性もありますので、経過観察をしっかりしてください。高熱が出る。発熱が、2日以上つづく、嘔吐、頭痛、などが、ある場合は、早めに受診お勧めいたします。さらに、水分が、取れない、おしっこが、でない。ぐったりして受け答えが、できない時は、救急病院をお勧めいたします。手足口病は、咳、くしゃみ、発疹や便のなかにウイルスが、あり、口や鼻に入り感染する場合が、多いです。予防は、石鹸で、しっかり手洗い、うがい、オムツの処理の時は、手袋をお勧めいたします。更に、今年の手足口病のウイルスは、大人も多く感染しておりますので、お子様の看病の際は、くれぐれもご注意ください。大人が、感染すると、長引いたり、痛みが、ひどくなる場合があります。
手足口病の他にも、ヘルパンギ-ナ、プ-ル熱、溶連菌、水ぼうそうも流行る季節です。来週は、お盆休みの医療機関が、ほとんどですので、心配な方は、今週中に受診をお勧めいたします。
はしか、風疹のMRワクチンも、入荷しましたので、ご希望の方は、お早めにどうぞ。

iPhoneから送信
posted by staff at 12:48| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする