2014年02月24日

季節の変わり目です。長引く咳や喘息にご注意

写真.JPGこんにちは。昨日、船橋港を散歩しましたら、陽射しに春を感じました。ゆりかもめも、ゆったりデッキに並んで可愛かったですね。今週は、ぐぐっと気温が上がるようで、いっきに春が、やってくるようです。季節の変わり目は、自律神経が、乱れやすく、体調不良の方が、増えますね。特に喘息傾向の方は、ご注意くださいね。喘息は、子どもに多い病気と思われがちですが、大人になってから発症する人もたくさんいます。喘息の患者さんは、気道が、敏感になって、ダニ、ハウスダストやウイルス、タバコや冷たい空気などの刺激が加わると気道が狭くなり、咳が出たり息苦しくなったりします。 最近非常に増えているのが、長引く咳を治療せずに我慢して、咳喘息になってしまう場合です。長引く咳は、その原因はさまざまで、どんな咳が出るのか?どんな時に咳がでるのか?痰、鼻水、のどの違和感は?気にる症状を詳しくお話ください。きちんと原因を調べて早めに治療をお勧めいたします。お気軽にご相談くださいませ。
posted by staff at 10:17| 循環器科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする