2014年07月11日

気温上昇!熱中症に気をつけて!

こんにちわ。台風も、それほど影響が少なく安心しましたね。今日は、真夏の陽射し。熱中症の原因はさまさまですが、前日より急に温度が上がった時や、暑さに体が慣れていない時期が一番要注意ですので、今日は、熱中症についてお知らせします。

熱中症は、運動や暑熱からおこる体の障害の総称です。熱射病や日射病と呼ばれるものは、重度の熱中症のことです。

では、熱中症の原因についてお知らせします。人間の体は、皮膚から放熱や発汗によって体温を下げますが、外気や皮膚温以上の時や湿度が非常に高いと放熱や発汗ができなくなります。つまりは、梅雨明け前後に最も多く発症するわけです。

熱中症の症状は、頭痛、疲労感を主とすることから、暑気あたり と言われる状態や、筋肉が、こむら返りをおこす熱けいれん、脱水が主体で頭痛や吐き気を、もようす熱疲労、体温が40度をこえて、意識がなくなる最重症までさまざまです。

熱中症になりやすい方は、例えば5歳以下のお子様。65歳以上の方。肥満。脱水傾向の方。などなどですが、皆さんが注意したい病気です。

応急処置としては、休息。体を冷却しやすいように、衣服をゆるめて安静に。

そして冷却。涼しい場所で休ませ、風とうしのよい日陰、ク-ラ-のきいた部屋に移動。脇の下、首まわり、脚のつけ根を冷やし、血液循環を通じて体温を早くさましましょう。

水分補給は、意識がはっきりしている場合は、ゆっくり行いましょう。OS1などがお勧めですね。

ただし、意識障害や、吐き気がある場所は、すぐに救急車を呼んでください。毎年、熱中症での死亡が増えておりますので、ご注意くださいね。



iPhoneから送信
posted by staff at 12:58| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする