2014年09月01日

小さなお子様も、お気軽にどうぞ。

写真.JPGこんにちは。今日から、新学期ですね。 久しぶりの幼稚園、学校は、いかがでしたか? 新学期早々、お熱で、休み? の方も、いらっしゃいましたね。 一日の寒暖差が大きいので、体調を崩しやすいので、ご注意くださいね。
さて、今日は、小児科診療についてお知らせします。
だいたいですが、半分位の患者さんが、お子様です。
予防接種は、生後2ヶ月の赤ちゃんから実施しております。
診療ですが、特に何ヶ月の方から、とかは、決めておりませんが、いっばん的には、母親からの免疫がありますので、新生児の方が、病気になる可能性は、低いと思います。やはり、生後6ヶ月位から、いろいろな感染症にかかる割合が増えてきますが、 もっと以前から、保育園等に、通っているお子様の場合もあり、病気は、低年齢化してきていると思います。

小さなお子様の場合、症状を訴えにくいのですが、まずは、元気か?どうかが、ポイントになりますね。

ぐったりして、ミルクも飲めない場合は、夜中でも、救急にかかることをお勧めします。

入口は、ベビーカーのままでお入りいただけます。オムツ交換ベッド、キッズスペースもありますので、ご安心くださいね。

この時期は、比較的空いてますし、火曜日は、なかでも、1番、患者さんが少ない曜日ですので、小さなお子様にも、お勧めですね。

予防接種は、ワクチン在庫、ほとんどありますので、予約無しでいらしてくださいね。

少し涼しくなりましたので、外出も楽になったかと思います。どうぞ、お気をつけていらしてくださいね。
posted by staff at 18:44| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする