2017年01月24日

インフルエンザの感染経路は?

おはようございます☀北風冷たいですね。日本海側は、大雪みたいですね。
さて、風邪や、インフルエンザ、胃腸炎も増えてきました。
今日は、インフルエンザの感染経路についてお知らせします。
インフルエンザや、風邪などの感染症は、空気感染と、飛沫感染、そして  忘れがちなのは、接触感染です。
実は、空気感染や、飛沫感染よりも、接触感染が、多いんです。
特に  手  を介して広がることが、多くあります。
ウイルスは、乾燥下でも、2時間程度は、生きていて、くしゃみや、咳を受け止めた手で、電車のつり革をつかむと、そこで、生きています。
そのつり革を 次につかんだ人の手が運びやに、なり、ウイルスは、さらにあちこちに!
ですから、帰宅後は、手を洗う前に、ドアノブや電気のスイッチ、蛇口を、触ってしまうのは、危険ですね!家の中にもウイルスをばらまいてしまうことになります。

ウイルスに感染するかしないかは、心がけ次第!
手を洗う前は、手や、指。口元に触れさせないでくださいね。石鹸で、しっかり 手洗い、ドアノブ、スイッチ、リモコンや、蛇口などは、アルコールティッシュなどで、除菌しましょう。
身体を温め、笑顔で、抵抗力をあげて、ウイルスに負けないでくださいね。
posted by staff at 09:43| インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする