2017年05月22日

アニサキス胃腸炎と、感染性胃腸炎の違いは?

おはようございます😃急に暑くなり、夏?のようですね。  今朝は、テレビで、気になるニュース!  アニサキス胃腸炎!
初夏から、食中毒が増えますので、ご注意くださいね。
アニサキス胃腸炎は、10年で、20倍に増えているようで、ちょっと怖いですね。お刺身大好きの私には、困った話題です。
アニサキスは、生魚  しかも、ほとんどの魚には生息する可能性があります。
出来れば、養殖、冷凍が良いみたいですが?やはり  魚は、生が美味しいですね!
アニサキス胃腸炎は、食後6から8時間で、胃痛がでます。強い吐き気も伴いますが、下痢をしないのが、特徴でして、感染性胃腸炎の場合は、吐き気、下痢、腹痛、胃痛などの症状が出やすいです

アニサキス胃腸炎の、特効薬? はありませんが、応急処置としては、正露丸! のようですね。

さすが! 古くからある常備薬!
アニサキスの退治は、内視鏡で とるしかないようですが、痛みは、初めの1から2時間が、ピ-クで、胃液により、アニサキスは、数日で、死んでしまいます。
処方薬としては、ツムラ5番  の 安中散 や、胃痛に効く鎮痛剤などが、あります。
アニサキス胃腸炎も、感染性胃腸炎も、できれば、避けたいので、やはり、蒸し暑くなる時期の 生ものは、ご注意くださいね。

posted by staff at 09:37| 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする