2014年09月01日

小さなお子様も、お気軽にどうぞ。

写真.JPGこんにちは。今日から、新学期ですね。 久しぶりの幼稚園、学校は、いかがでしたか? 新学期早々、お熱で、休み? の方も、いらっしゃいましたね。 一日の寒暖差が大きいので、体調を崩しやすいので、ご注意くださいね。
さて、今日は、小児科診療についてお知らせします。
だいたいですが、半分位の患者さんが、お子様です。
予防接種は、生後2ヶ月の赤ちゃんから実施しております。
診療ですが、特に何ヶ月の方から、とかは、決めておりませんが、いっばん的には、母親からの免疫がありますので、新生児の方が、病気になる可能性は、低いと思います。やはり、生後6ヶ月位から、いろいろな感染症にかかる割合が増えてきますが、 もっと以前から、保育園等に、通っているお子様の場合もあり、病気は、低年齢化してきていると思います。

小さなお子様の場合、症状を訴えにくいのですが、まずは、元気か?どうかが、ポイントになりますね。

ぐったりして、ミルクも飲めない場合は、夜中でも、救急にかかることをお勧めします。

入口は、ベビーカーのままでお入りいただけます。オムツ交換ベッド、キッズスペースもありますので、ご安心くださいね。

この時期は、比較的空いてますし、火曜日は、なかでも、1番、患者さんが少ない曜日ですので、小さなお子様にも、お勧めですね。

予防接種は、ワクチン在庫、ほとんどありますので、予約無しでいらしてくださいね。

少し涼しくなりましたので、外出も楽になったかと思います。どうぞ、お気をつけていらしてくださいね。
posted by staff at 18:44| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

お子様の事故を防ぎましょう。

写真.JPGこんにちわ。明日は、七夕ですね。天の川は、見えますかね?

さて、外に出かける機会が増える季節。今日は、赤ちゃんや子供さんの事故について、注意したいポイントをお知らせしますね。 危険はあんがいみじかなところに潜んでますので、十分気をつけてくださいね。

まずは、ベビーカー。
便利なものである一方、危険も潜んでます。 安全ベルトは、わずかな時間でも、必ず装着しましょう。ストッパーも大切。子供を乗せたまま、ママ友とおしゃべりに夢中や、ながらスマホもご注意。 ハンドルに荷物は、たくさんかけないでください。バランスを崩しやすいですね。

続いて、自動車。チャイルドシ-トは、成長に応じたものを必ず設置。ハンドルやブレ-キは、小さな頃から、触れてはいけない事を、教えてください。
車内に子供を残すのも危険。冷房をかけても熱中症の可能性も。

そして、いつもの公園。 ママ友など、たくさんの目があると油断しがちです。これからの季節、日よけ、水分補給は、大切です。 ガラスの破片なども、危ないですね。

最後に、自転車。実に便利ですが、安全基準を満たして、安全に乗ることが、基本です。
補助イスは、正しくとりつけ、乗るたびに確認しましょう。安全ベルト、ヘルメットも成長にあったものをきちんと選んでください。
3人乗り乗車が認められているのは、3人乗り可能自転車のみです。前に抱っこ、後ろにおんぶで乗ることは、とても危険ですね。

もちろん家の中も、注意をはらってください。子どもの死亡原因のトップは、不慮の事故です。0歳の赤ちゃんにもっとも多い不慮の事故は、窒息です。
1歳を過ぎると、交通事故を除いて不慮の事故のトップは、溺死、溺水です。しかも、ほとんどが家庭内です。浴槽や、洗濯機、洗面所に張ったわずかな水でという場合があります。

お子様を危険から守ると共に、お子様自身が、危険を察知する力を少しづつでもよいので、身につけられるように、育児していきたいものですね。
posted by staff at 19:06| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

夏風邪に、ご注意!

こんにちわ。雨雲が、もくもく。 傘が手放せない季節ですね。

さて、夏風邪が、流行ってきましたね。 お子様を中心に、鼻水、咳、喉の痛み、胃腸炎などなど。

小さなお子様の体調は、急変しやすいので、気をつけてくださいね。

見た目は、元気ですが、熱を測ったら、あら?びっくりの場合もありますので、ご注意ください。

りんご病、プ-ル熱、手足口病、水ぼうそうなども、幼稚園で流行っているようです。

感染性胃腸炎も、この時期、気をつけてくださいね。

週末になると、何故か具合が悪くなるお子様は、多いと思います。

まったく!せっかくの休みなのに! と腹をたてないでくださいね。
お子様も、一生懸命、ウイルスと戦っていると思いますね。

早めに、受診をお勧めいたします。

土曜日、日曜日も通常どうり診療させていただきますので、ご安心くださいね。



iPhoneから送信
posted by staff at 17:16| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

守ってあげましょう!子どもの肌

写真.JPGおはようございます。船橋小学校が、できあがってきましたね。ステンドグラスも埋め込まれ、なんとなく、おしゃれですね。大切な、未来を担う子どもさんの、歓声が聞こえてくるようです。

さて、今日は、紫外線が、子どもに及ぼす影響についてお知らせします。

子どもは、外で遊ぶのが大好き。でも帽子は、嫌い! 長袖なんて大嫌い!
気がついたら、真っ黒!なんて事は、多いですね。

日焼けは、軽いやけどのような状態ですので、薄い子どもの皮膚の方がよりダメージを受けやすいのは当然ですね。

最近の研究では、幼少期に浴びた紫外線は、大人になってから浴びたもの以上に、皮膚がんや、シミ、しわなどの原因になりやすいことが、わかっています。

子どもが嫌がるから。 といって、ついついUVケアをおろそかになりがちな、ママさんも多いかもしれませんが、歯磨きと同じように、生活習慣の中に、ケアをとりいれて欲しいですね。

ちょっとしたお散歩でも、帽子と日焼け止め を お約束にしては、いかがですか?

では、日焼けしてしまったら、まずは、表皮の炎症をおさえることが大切ですので、冷たいタオル等で優しく冷やしてあげましょう。

体の中からのケアも大切ですね、

ビタミンE 例えば大豆、ゴマ、アボカドなど。
ビタミンC 例えばトマト、イチゴ、柑橘類など。

カロチン 例えば人参、かぼちゃ、ブロッコリーなど。

いずれも、体を冷やさないように摂取することも大切です。

この時期、胃腸が弱ってますので、生野菜や、冷たいス-プよりは、温かいものを選びたいですね。
posted by staff at 10:15| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

お子様の診療について、新しいHPを作りました。

おはようございます。朝のニュースで、また振り込め詐欺。 いつになったら無くなるのでしょうね。おかしいなあ?と思ったら、自分1人で抱え込まないで、誰かに相談しましょうね。

さて、お子様の受診が増えておりまして、この度、小児向けのHPを作成しました。一部、まだ修正途中ですが、是非、ご覧くださいませ。

小児科船橋.com で検索してみてくださいね。 私の写真は、かわりばえしませんが?

さて、今日は、【食育 】についてお知らせします。

世界で始めて幼稚園を創設したドイツのフレーベルは、【食料や食品によって、子どもは、怠惰にも、勤勉にも、快活にも、遅鈍にも、敏活にも、無力にも旺盛にもなりうる。】 なるほど!子ども時代の食生活は、本当に大切ですね。

大人の病気だった生活習慣病も、低年齢化しています。 子どもの肥満の8割が、大人になっても続くともいわれていますので、子どものうちから、生活習慣に気をつけることが大切ですね。

生活習慣病は、【うつる病気】ではなく、自らが【つくる病気】です。
大人になって治療するのではなく、子どもの時から予防することが肝心です。
共働き、介護、塾通いなどで、忙しくて、たいへんな、ママさんですが、是非、お子様の食育についてもう一度考えてみてくださいね。

伝統的な日本食はバランスが良く、お子様の成長に大切です。そして、子どもの頃から、薄味に慣れさせることも大切です。朝ごはんは、しっかり食べましょう。

家族が個別に食事を取る個食が増えてますが、一家団欒は、ほんの少しの時間でも作れます。夕食が難しい場合は、短時間でも朝食を、みんなで、共にする工夫は、いかがですか?

忙しいので仕方ないですが、コンビニマザーも増えてます。便利なので、ついついが、油分や塩分が多かったり、添加物も気になります。

大人は、自分の健康を自分で守ることができますが、子どもの健康は、親が守るしかありません。子どもにとって、お母さんこそ!名医。名看護師。名栄養士。なんです。だからこそ、少ない時間を工夫しても、お子さまを守ってあげて欲しいですね。 どうぞよろしくお願いします。



iPhoneから送信
posted by staff at 10:25| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

小児科診療について

おはようございます雨今日は雨、曇りみたいですねふらふら

洗濯物は 仕方なく浴室乾燥機に入れました。ダッシュ(走り出すさま)ニュースでは、O-157が 昨年の倍以上発症し 死者も出てるようで心配ですねあせあせ(飛び散る汗)

原因は 馬刺し のようですので ご注意ください失恋馬刺しに限らず 生ものは この時期 できるだけ避けた方が良いですねわーい(嬉しい顔)

さて 今日はお問い合わせの多い 小児科診療について お知らせいたしますわーい(嬉しい顔)

まずは、予防接種ですが、生後2か月の赤ちゃんから実施したおりますわーい(嬉しい顔)船橋市公費無料ワクチンに加えて
ロタウイルス、B型肝炎、おたふくかぜ、水ぼうそうを実施しております。 わーい(嬉しい顔)ワクチンはほとんど在庫ございますので、予約は要りませんので体調の良い時にいらした下さいね決定

細い針の注射器を使用しますので、痛みは かなり少ないと思いますのでご安心くださいひらめき

次に 診療ですが、小児の内科的疾患を中心に、軽度の皮膚科系やアレルギー系、疾患の診療を しておりますわーい(嬉しい顔)
年齢ですが だいたい生後6カ月位の赤ちゃんからが 中心です決定

診療も予約は要りません病院
posted by staff at 09:59| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

梅雨時期に、気をつけたい子供の病気

写真.JPGこんにちわ。今日は、雨、風、強く、たいへんな一日でしたね。雨でジトジト、ムシムシ、一年中で1番生活しにくい時期ですね。

天気予報を見ると、明日、明後日も、雨のようで、本格的な梅雨空ですね。

3日前までは、暑くて、まいってしまいましたが、急激な、気温変化に、体調を崩しやすいので、ご注意くださいね。

今日も、可愛い雨合羽と、長靴、そしてミニーちゃんの傘をさして、ママといらしたお子様。 コンクリートは、滑りやすいので、転ばないで帰ってくださいね。


ベビーカーで、どしゃ降りの中、2人のお子様を連れていらしたママさん。
雨で、視界不良なので、傘をさした自転車にも、注意してくださいね。


さて、今日は、梅雨時期に、気をつけたい子供の病気についてお知らせします。


気温変化により、風邪や、胃腸炎はもちろんですが、この時期、流行る病気の代表は、手足口病や、ヘルパンギーナですね。

手足口病とは、名前のとうり手と、足と、口の周りに、赤くて真ん中に白い米粒大位の発疹が特徴です。微熱がほとんどですが、稀に嘔吐、下痢も伴います。口の中の水泡により、食事がとりにくくなる場合もありますので、水分補給に気をつけてください。

ヘルパンギーナは、39度位の高熱と、扁桃腺あたりに、小さな水泡ができます。こちらも、喉の痛みにより、食事がとりにくくなる場合があります。

そして、ご注意いただきたいのが、お弁当です。

朝は、気温が下がっていても、日中、気温、湿度があがり細菌が繁殖しやすくなり、自家中毒の原因になります。

お子様は、大人に比べて、抵抗力が弱いので、感染症にかかりやすいので、体調変化に気を配ってあげてくださいね。

こんな雨の中! 週末になると、具合悪くなって本当に困っちゃう! うちの子ったら! などなど、怒らないでくださいね。
土曜日、日曜日も、通常どうりです。

大人の方と共に、小児科診療も行ってますので、ご安心くださいませ。
posted by staff at 18:09| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

小児科をお探しの方に、お知らせします。

写真.JPGおはようございます。今朝も、朝から夏の陽射しですね。

体が、暑さに慣れてませんので、体調管理に気をつけてくださいね。

熱中症予防には、こまめな水分補給がお勧めですね。

さて、最近、お子様の患者さんが、増えておりますので、お知らせさせて頂きます。

船橋駅の南側、特に、湊町、南本町、栄町、日の出、海神周辺には、小児科専門医が、少ない状態ですが、そのわりには、最近、20代、30代の方が多くお住まいで、ベビーカーに、お子様を乗せて、もう1人は、おんぶして、重たい荷物をいっぱい持って、汗だくになってる頑張りママさんや、自転車に、2人お子様を乗せて、小雨の中も、送り迎えに、はりきるママをちょくちょく見かけますね。

自転車事故をおこさないようにね。と、祈る気持ちですね。

お子様の、体調は、変化しやすく、朝は、元気で保育園に、行けても、午後には、発熱。 保育園から呼び出され、急いでお迎え。 仕事と、家事と、育児と、 めちゃくちゃ忙しいママにとって、近所に、かかりつけ医を持つことは、大切ですね。

大きな病院に行く程でもないし、車で、小児科?でも、予約制が多くて不安?

当院は、大人の方の診療と共に、小児の診療や予防接種を行っております。

予約は、必要ありません。


入り口も、バリアフリ-になっておりますので、ベビーカーのままお入り頂けます。 お子様が、飽きないように、キッズスペースもございます。


でも?小児科って書いてないし?
なんだか不安?

ご安心くださいね、当院の患者さんの半分位は、小児の方ですので、ご安心くださいね。

看護師も、子育て経験豊かな、ニコニコ、笑顔で、リラックスして、受診頂けるように、心がけております。

同じビルにある調剤薬局さんも、お薬の優しい飲み方などなど、丁寧なアドバイスをさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。
posted by staff at 10:19| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

赤ちゃんの名前、ランキング!

こんにちは。今日から6月ですが、なんと!真夏日ですね。

今日は、それほど混みあわなかったですが、嘔吐や、下痢、発熱のお子様が何人かいらっしゃって、少し心配ですね。

感染性胃腸炎や、食中毒には、気をつけてくださいね。

さて、ちょっと前の新聞に、面白い記事が載ってましたので、ご紹介させて頂きます。
船橋市で、2013年に生まれた赤ちゃんは、5353人で、名前の人気ランキングが発表されました。

読み方で1位になったのは、男が2年連続で、ハルト 85人。女が8年連続でユイ 51位でした。

漢字では、男が 蓮 (レン)18人。女が 葵 (アオイ)23人が、最も多かったようです。
読み方の。2位以下は、男が、ユウト66人、ソウタ57人、 女が、メイ 39人、アカリ 37人。

漢字では、男の2位は、大翔 (ヒロト、ハルト)など。悠太 (ユウタ)
女の2位以下は、凛 (リン)結衣 (ユイ)


船橋市によると、最近の傾向としては、男は、3文字、女は、2文字で発音する名前が多いようです。

そういえば、最近、ハルト君、ユイちゃん。 多いですね。毎日お一人は、いらっしゃるかも?

お子様の名前に託す、親の願いを通じて時代背景が、見えてくるようですね。

字画などよりも、思いを大切に、健やかに、豊かに、のびのびと、育って欲しいですね。

もうすぐ、出産の皆様。 未来の船橋を担う大切な、お子様ですので、どうか頑張って、出産、子育てしてくださいね。どうかよろしくお願いします。




iPhoneから送信
posted by staff at 14:40| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

週末になると、具合が悪くなるお子様が、多いですね。

写真.JPGこんにちは。今日は、蒸し暑く、院内も、はじめて扇風機をつけました。

気温差に身体がついていかないので、体調を崩しやすいので、ご注意くださいね。

特に、小さなお子様は、体調が、急に変化しやすいので、気をつけてください。

さて、週末になると、具合が悪くなるお子様をかかえて、お困りの方は、多いと思います。

共働きで、やれやれとおもったら、金曜日の夜、発熱や、嘔吐、下痢などなど。お子様の病気は、週末に起こりやすい場合があります。

当院は、大人の方の診療と共に、小児科の診療もさせて頂いておりますので、ご安心ください。

土曜日、日曜日も、通常どうり診療しております。

現在、当院の患者さんの半分は、小児の方ですので、お気軽にいらしてくださいませ。

キッズスペースもありますので、あきてしまうお子様も、楽しく遊べるおもちゃが充実してますので、ご安心ください。
posted by staff at 17:22| 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする